一戸建ての売買をする際には、まず販売をする人を仲介業者という業者に見つけてもらう事が重要になります。基本的には、その業者を通してでしか一戸建ての取引を行うことが出来ないようになっていますので、まず商品やサービスの価格を相手に対して支払うよりも仲介業者に対して料金を支払うことを考えなくてはいけません。

目的に応じてGirls Channelといえばこちらです。

この時に支払うことになる費用のことを一般的に仲介手数料と定義しており、この仲介手数料の支払金額の上限は仲介業者ではなくきちんと法律によって定義されています。



法律上で定義されている仲介手数料の上限は、不動産価格を基準として消費税などを加味した金額になりますので、不動産の価格が高くなればなるほど仲介手数料の上限も上昇するということを理解しておくことが重要です。

一戸建ての仲介手数料は、実際にその契約が販売者と成立した段階で支払う義務が生じることになりますので、契約が成立していない段階で仲介業者から仲介手数料の支払いを求められたとしてもそのような手数料を支払う必要はないということを知っておきましょう。


また、仲介手数料を支払うとは言っても、仲介をするための契約はきちんと締結しなくてはいけないのでその点も誤解をしないようにしておく必要があります。

仲介業者を利用するための契約は媒介契約と呼ばれていますが媒介契約を締結する時には双方の同意が必要になることを忘れてはいけません。



同意があった段階で初めて仲介をしてもらうことが可能になるのです。


Copyright (C) 2016 仲介の契約をして一戸建てを購入しよう All Rights Reserved.