一軒家を購入する際に、注文住宅や建売住宅か迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

注文住宅は、土地も全て一から探し出し、建設会社の担当の方と一緒にどのような家にするのか話し合って造りだしていくことが必要です。

時間も労力も必要な為、覚悟と根気が必要です。



一方、建売住宅はもともと出来ている一軒家を販売しているというもので、購入する側は見学に行き、気に入れば契約を行うというシステムとなっています。

建売の一軒家を購入するメリットと言えば、やはり契約したらすぐに住むこと出来るという点が大きいです。

一から考え探し出し、半年ほどの期間を住宅を造りだすことに費やす時間が無い方にとっては、とても嬉しい物件と言えます。


すぐに住みたい・遠くに住んでいる為なかなか打ち合わせの時間は取れない・一から考え出すのは面倒くさい、といった方にはお勧めです。

あなたに合った条件で日本経済新聞情報が様々な条件で検索可能です。

建売住宅は、何件か並んで販売されている事が多いです。


その為同じ世代の方が隣の住民になる確率も高く、子どもの年齢が近かったり、何かと話がはずんだりと、嬉しい面が沢山あります。

新築ならではの悩みを隣近所で共有することも出来ますので、新しい環境でお友達を作りたいという方にも良いでしょう。
もちろん、元々出来上がっている物件ですので、多少の不満はあります。

そういった場合でもあきらめずに営業担当の方と話し合ってみる価値はあると思います。



思いがけない値下げをしてくれたり、オプションを付けてくれたりするかもしれません。
是非お試し下さい。


Copyright (C) 2016 建売の一軒家を購入するメリット All Rights Reserved.